白ニキビ 治し方

白ニキビを治すなら治療薬よりも洗顔を見直す!

 

 

ニキビに塗り薬は必要なのでしょうか?

 

長い間、そこに関しては議論が交わされてきていました。

 

薬と肌が合わない、または塗り忘れてしまう、そういった弊害があり、思うように薬を使ってニキビを減らせた方は、思いのほか少ないのではないでしょうか?

 

 

薬を主体としてニキビを撃退しようと考えると、どうしてもその他の事がおろそかになりがちです。

 

その他の事とは一体何かというと、例えば洗顔であったり、例えば保湿であったりと。薬を塗らなくてはいけないから、それに合わせて保湿剤を塗るタイミングを…なんて考えていると、思うように薬もぬれず保湿もできず、ストレスがたまる一方です。

 

 

ニキビを減らすためにまずやらなくてはいけないことは、薬を塗ることではなく、顔を清潔に保つことです。

 

そんなのわかっているよ!という方もいらっしゃると思います。でもそれを踏まえても、洗顔して顔をきれいに保つというのは大切なことなのです。

 

清潔に保つ、とは簡単に言いますが、どういうやり方で洗顔をするのが正しいのでしょうか?

 

 

もちろん、人は1人1人違いますから、一概にこうした方がいいというのは言えません。市販の洗顔用洗剤やせっけんを使った方がいい方もいれば、何もつけずに洗うのが良い方もいます。

 

でも、おそらくこういった方々皆さんに共通してお勧めできることは、「ぬるま湯で洗う」という事です。

 

 

温かいお湯で顔を洗うと、顔じゅうの毛穴が開き、そこから老廃物が外へ出やすくなります。

 

一度だけざぱっとやっただけではだめです。

 

何度かお湯を顔にばしゃばしゃかけ、軟らかいタオルで優しく拭きます。

 

 

このとき、強く拭いては駄目です。

 

皮膚に細かい傷が形成され、そこにばい菌がくっついてしまい、かえって皮膚が痛んでしまいます。

 

 

また、必ずしもせっけんなどは使わなくてもいいです。

 

せっけんなどを使うと、逆に開いた毛穴にせっけんなどが詰まり、流したりなかった場合はそこから皮膚が炎症をしてきてしまいます。

 

この方法はとてもおすすめなので、ぜひ寝る前や朝起きた時、ぬるま湯で洗顔してみてください!